surfing

サーフボード選び

「サーフィン」って言葉から湧いてくるイメージと言えば…

波の斜面をカッコ良くアクションしたり、チューブに入ってるイメージ!

正解です… って言いたいけど、そこに至るまでの過程を考えると

簡単に正解とは言えないです。

 

例えば、一時間海に入って波に何本乗れるのか?

当然、他のサーファーも上手なサーファーもいます

そんな中、10本乗れる? それとも5本?

一本の波にロングライド20秒程出来たとして

(なかなか、20秒も乗れる波無いですが…)

  • 10本で200秒、3分と20秒
  • 5本で100秒、1分と40秒

一時間で、この程度(実際はこれ以下です)しか波に乗ってません。

それ以外の時間はパドルにドルフィン、そして波待ち

波に乗ってるのはホント少しの時間だけです。

初めの頃は、パドルに波待ちばかりで波に乗ってる時間は限りなくゼロですよ!

 

なのに大半の人は、デザインを優先? 先を見越して?

 

中・上級者用の浮力の少ないボードを使ってるのをよく見かけます。

ほとんど波に乗れてないです

ボード選び

それなりに経験のあるサーファーなら

自分にあったサーフボード、波に応じたボードを選択します。

 

ただ、これからサーフィンを始めようとする人・始めて間もない人が自分に合ったボードを選ぶのは難しいので知人等にアドバイスもらってください。

周りにサーフィンしてる人いなくても、いきなりサーフショップに相談しに行って高いボード買わされないように

もしショップへ相談しに行くなら、ムラスポの様な量販店で相談し安めのボード購入して下さい。

 

ネット購入に抵抗なければ

初心者用のボードでは無く下記のようなボード

  • 浮力たっぷり
  • 長めで幅広

ショートボードとロングボードの中間位のファンボードをえらんでください。

 

浮力たっぷりのファンボードだと

安定したパドル

安定したテイクオフ

波に乗れる確率が高い

 

同時期に始めた友達がいたとしたら、2人の差は歴然としているはずです。

もしかしたら、友達はサーフィン辞めてるかもしれないですね…

 

波に乗れる様になって、初めて初心者用のボードやスタンダードなショートボードを選択肢に入れてみてください。

 

間違っても、中・上級者用のボードはダメですよ!

プライドなんかズタズタ
絶望的な思いをするかも…

 

それでは、最適なボード選択でsurfing楽しんでください!

この記事はどうでしたか?

-surfing

© 2020 to2727.com