surfing

サーフボードの素材


 

サーフボードの素材について

 

木製のサーフボードから始まり

今までにたくさんの材質のサーフボードが出来ており、今では廃盤・製造中止となったものもあります。

 

これまでに使った事のあるボードについて、レビューします。

 

PU

当初から変わる事なく、サーフボードのスタンダードな材質

適度な重量感・しっとりした乗り心地

コンディションの良い時は、必ずと言って良いほどPUが登場してます。

クラークフォームが無くなった時

騒ぎにかったもの、果たしてどの程度のサーファーがフォームの違いに気付いたのか?

私には全くわかりませんが…

 

EPS

とても軽い

多分、一番軽い材質に思います。

無風・面ツル・メローな波だとテイクオフはかなり早く、他の人以上に波が取れ楽に波に乗れます。

オフがきついと板が降りにくく感じます。

 

SURFTECH(サーフテック)

少々の事ではクラッシュしない丈夫な材質

PUとかで、ヒビ割れてしまうようなクラッシュでも表面の塗装が剥げる程度ですむと思います。

ただ、既成サイズしか無くオーダーは不可

乗り心地は硬いですが長い間使えて、リセールバリューも悪くありません。

定期的に改善されているみたいで、最近は良くなってきてるかもしれません。

 

FLEX LITE(フレックスライト)

代表されるのがPLACEBO

これも既成サイズのみでオーダー不可

SURFTECHと同じような材質と思いますが、FLEX LITEのほうが柔らかく感じ

独特のフィーリングと丈夫なので好んで数モデル乗ってきてます。

こちらも定期的に改善されていて、乗り心地も良くなってきてます。

ただ乗り心地が良くなってきた反面、初期の頃と比べボード強度が落ちてきたようにも…

ここ数年のモデルはフットマークがつきやすいと感じるのは気のせいですかね?

FLEX LITEもリセールバリューも良く、長い間つかえます。

 

XTR

水を吸わない(吸いにくい)フォームで、表面には無数のピンホールのような穴が空いていて、ベントの役割りがあるみたいです。

このベントホールにワックスやゴミなどが入り黒い点々が…

よく丈夫といわれてますが、EPSのボードと同程度、クラッシュした時に水を吸わないので、リペアしなくてもそのまま使えるというメリットがあります。

乗り心地はEPSに似た感じです

 

AVISO

これは画期的でした!

ボードの中は空洞でカーボン材質のボード

適度な重量感に独得の浮力感

膝・モモの小波から頭オーバー位で使ってましたが、どんなコンディションでも苦手と感じることなく安定して期待に応えてくれたボード

3年以上メインボードとして使っていましたが、うっすらとフットマークが付いた程度です

乗り心地は固く思うかもしれませんが、中空構造が素材の硬さを消して硬さは感じません。

とても良いボードだったんですが、今じゃ廃盤となって中古でしか入手できなさそうです

 

色んな材質のボードに乗ってきましたが

最終的にコンディションの良い時は必ずPUのボードを持ち出してます。

この記事はどうでしたか?

-surfing

© 2020 to2727.com